素人のアンドロイドアプリ開発日記

文字列を定数で扱う(from XML)

2011.02.08

androidアプリではxmlで定数を管理する事ができます。

 

もちろんクラス内でも作成する事はできますが、

xmlを用いて作成をしてみましょう。

 

ファイルを作成したら、

ツールバーから下記のボタンを選択します。

xmlmaker

 

クリックをするとダイアログが出現するので、

Projectには対象のプロジェクト名

Fileには「strings.xml」と記入をしてresourceはValueを選択するとxmlが作成されますが、

最初にprojectを作成した際に【res】の中に【values】と言うディレクトリがあり、

その中に既にstrings.xmlが作成されているかと思うので、そちらを利用します。

(追加で文字列ファイルなどが必要な場合には、任意の名前.xmlを作成してください。)

 

strings.xmlをeclipseで開くと下にタブが出現して

【Resources】と【strings.xml】を選べるようになります。

 

変数の作成は【Resources】を選ぶと楽です。

【Resources】で【Add】をクリックするとダイアログが表示されます。

 

どのResourceを増やすかが出ますので、

【String】を選択して、【OK】を押しましょう。

 

新しくできたstringのボタンをクリックすると値の設定画面が出現します。

 

stringset

 

そこで、【name】に変数名、【value】に定数値をいれます。

 

ですが、最近は上記のがめんどうくさくなってしまい、下記の形でコピペして複製して使う事が多いです。

<string name=”name”>value</string>

 

下記のような形でjavaで文字列を利用する事ができます。

 

String s = getResources().getString(R.string.name)

で、クラスに変数の値が取得できます。

 

レイアウトのxmlからなども

android:text=”@string/name”

のような形でカンタンに利用ができます。

 

なのですが、ちょっと面倒くさいと思ったら、

“value”

で普通に表示できるので、飛ばしちゃってもよいかと思います。

 

以上で完了です。

 

追伸:

このあたりのエントリは、自分でも手探りで勉強していた為、若干意味不明な部分もあるかと思います。時間を見つけて修正させていただきますので、ご了承いただければと思います。

 

同じカテゴリの記事を紹介します

配列のデータを定数で扱う(from XML)色のデータを定数で扱う(from XML)

カテゴリー:xml

公開中のアプリ、是非ダウンロードしてみてください

2chまとめのたね

RSSを利用してさまざまなブログの情報をキュレーションしてくれるアプリ

インストールする

ひらがな戦記

OPENGL ES2 を利用したカルタのソーシャルゲーム

インストールする