素人のアンドロイドアプリ開発日記

WEBページを表示したい。機能用関数。

2011.03.31

今回利用する為には、webViewを利用する。

webViewを利用する時には、WebViewClientを用意する必要がある。

WebViewClientを登録したら、urlを読み込む事ができる。

WebView webView = new WebView();
webView.setWebChromeClient(new WebViewClient());
webView.loadUrl("http://www.google.com");

これでwebViewが完成した。このままでも通常のクリックなどは反応するが、いくつかの関数を紹介いたします。

//「戻る」が可能かどうか(return Boolean)
webView.canGoBack();
//「戻る」
webView.goBack();
//「進む」が可能かどうか(return Boolean)
webView.canGoForward();
//「進む」
webView.goForward();
//更新する
webView.reload();
//読み込み中止
webView.stopLoading();

以上をボタンなどに割り当てる事で簡単にwebViewアプリができる。

つづく

同じカテゴリの記事を紹介します

sslにおけるエラーの問題webviewにとりあえずblankを突っ込む方法WebChromeClientで使える関数のまとめWebViewClientで使える関数のまとめWebViewでTwitterが見れない&横に変な隙間が。ブラウザ制作でjavaとjavascriptの連携think itの記事でブラウザを作ってみる。webページを表示したい。ファイル一式WEBページを表示したい。マニフェストの変更。

カテゴリー:web連携

公開中のアプリ、是非ダウンロードしてみてください

2chまとめのたね

RSSを利用してさまざまなブログの情報をキュレーションしてくれるアプリ

インストールする

ひらがな戦記

OPENGL ES2 を利用したカルタのソーシャルゲーム

インストールする