WEBページを表示したい。機能用関数。

今回利用する為には、webViewを利用する。

webViewを利用する時には、WebViewClientを用意する必要がある。

WebViewClientを登録したら、urlを読み込む事ができる。

WebView webView = new WebView();
webView.setWebChromeClient(new WebViewClient());
webView.loadUrl("http://www.google.com");

これでwebViewが完成した。このままでも通常のクリックなどは反応するが、いくつかの関数を紹介いたします。

//「戻る」が可能かどうか(return Boolean)
webView.canGoBack();
//「戻る」
webView.goBack();
//「進む」が可能かどうか(return Boolean)
webView.canGoForward();
//「進む」
webView.goForward();
//更新する
webView.reload();
//読み込み中止
webView.stopLoading();

以上をボタンなどに割り当てる事で簡単にwebViewアプリができる。

つづく

前後の記事

前の記事:

次の記事:

関連の記事

コメントの投稿

  • サイト内検索

新作アプリの紹介

関連サイトの紹介

アンドロイドアプリ開発TIPS
きぐるみカメラ
ふらいぱん
アンドロイドのデザイン集
Page top↑