素人のアンドロイドアプリ開発日記

QRコードを発行する

2018.04.08

QRコードを表示するにはライブラリをいれます。zxingを利用するのですが、gradleに記載をするだけで利用できるようになります。

compile 'com.journeyapps:zxing-android-embedded:3.5.0'

をbuild.gradleに記載する。

これだけでライブラリの設定ができるので、

public static Bitmap makeImage(String contents){
    QRCodeWriter writer = new QRCodeWriter();
    try {
        BitMatrix bitData = writer.encode(contents, BarcodeFormat.QR_CODE, 横幅, 高さ);
        int width = bitData.getWidth();
        int height = bitData.getHeight();
        int[] pixels = new int[width * height];
        for (int y = 0; y < height; y++) {
            int offset = y * width;
            for (int x = 0; x < width; x++) {
                pixels[offset + x] = bitData.get(x, y) ? 0xFF000000 : 0xFFFFFFFF;
            }
        }
        // Bitmapに変換
        Bitmap ret = Bitmap.createBitmap(width, height, Bitmap.Config.ARGB_8888);
        ret.setPixels(pixels, 0, width, 0, 0, width, height);
        return ret;
    } catch (WriterException e) {

        return null;
    }
}

これで好きな大きさでQRコードを取得する事ができました。文字列は好きな長さで問題なくやりとりができました。

同じカテゴリの記事を紹介します

QRコード読み込みを組み込む

カテゴリー:QRコード

公開中のアプリ、是非ダウンロードしてみてください

2chまとめのたね

RSSを利用してさまざまなブログの情報をキュレーションしてくれるアプリ

インストールする

ひらがな戦記

OPENGL ES2 を利用したカルタのソーシャルゲーム

インストールする