MapViewを利用する為のキーを取得する。

google mapを表示する為にもっとも敷居が高いのが、キーの取得です。

簡単にキーの取得方法を記載します。

最初にフィンガープリントを取得します。

決まりきった動作なので、誰かパッチを作ってくれてる人がいたら素敵だったのですが、、なかったので、コマンドプロンプトを利用します。

コマンドプロンプトの使い方はほぼ分かりません。

とりあえず、

cd [directry名]

で好きなディレクトリに移動ができるのと、

cd ..

で現在いるディレクトリから上に階層に移動をすることができます。

で、コマンドプロンプトの中を移動するのですが、最初にJavaのフォルダの位置を確認しましょう。

C:\Program Files\Java

人によって位置は異なるかもしれませんが、確認したら、そこまでコマンドプロンプトで移動をします。

ここかたjdk1.6.***と自分のインストールしているjavaのフォルダの中のbinフォルダまで移動します。

C:\Program Files\Java\jdk1.6.**\bin

移動が完了したら、フィンガープリントを発行します。

>keytool -list -keystore C:\Users\%USERNAME%\.android\debug.keystore

ですが、これもフォルダで目視ができるかと思います。上記がフィンガープリントの発行のコマンドです。

このコマンドを入力すると、パスワードを入力してくれと書いてあるので、

androidと入れたら、出力されました。(何もいれなくてもよいようです。。)

以上で取得が完了したら、googleのページへ移動をします。

Maps API Key Signup

ここで、取得ができます。取得ができたら作成を開始しましょう。

尚、取得したキーとフィンガープリントはどこかに保持しておくとよいでしょう。

次回からMapViewを利用する勉強をしていきたいと思います。

  • written on 2011.04.24
  • category : map

前後の記事

前の記事:

次の記事:

関連の記事

コメントの投稿

  • サイト内検索

新作アプリの紹介

関連サイトの紹介

アンドロイドアプリ開発TIPS
きぐるみカメラ
ふらいぱん
アンドロイドのデザイン集
Page top↑