素人のアンドロイドアプリ開発日記

地図を表示させる設定

2011.04.25

googlemapの呼び出しを行う時にマニフェストの設定などいくつか必要な項目があります。

最初に簡単に表示を行うだけの、サンプルを作成してみたいと思います。

mapview

最初に作成を行う時にはエミュレーターでtargetをGoogle APIsにしましょう。一応、api levelは7のものを選んでおきます。

public class MapVVV extends MapActivity {
 @Override
 public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
 super.onCreate(savedInstanceState);
 }
 @Override
 protected boolean isRouteDisplayed() {
 // TODO Auto-generated method stub
 return false;
 }
}

次に地図の表示部分ですが、MapViewを作成する時にcontextとAPIキーを引数にいれて作成をします。

MapView map = new MapView(this, "APIキー");
setContentView(map);

以上でクラス側の作成が完了しました。次にマニフェストの修正を行います。

外部への通信の使用が必要なので、

<uses-permission android:name="android.permission.INTERNET" />

を追加します。

また、mapのクラスを使用しているので、

<uses-library android:name="com.google.android.maps" />

を記載します。この記述はapplicationタグの内部にいれて利用をします。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<manifest xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
 package="in.andante.mapView"
 android:versionCode="1"
 android:versionName="1.0">
 <uses-sdk android:minSdkVersion="7" />
 <uses-permission android:name="android.permission.INTERNET" />
 <application android:icon="@drawable/icon" android:label="@string/app_name">
 <activity android:name=".MapVVV"
 android:label="@string/app_name">
 <intent-filter>
 <action android:name="android.intent.action.MAIN" />
 <category android:name="android.intent.category.LAUNCHER" />
 </intent-filter>
 </activity>
 <uses-library android:name="com.google.android.maps" /> 
 </application>
</manifest>

以上で、地図の表示ができました。

同じカテゴリの記事を紹介します

MapViewに付加できるいろいろな機能MapViewを利用する為のキーを取得する。

カテゴリー:map

公開中のアプリ、是非ダウンロードしてみてください

2chまとめのたね

RSSを利用してさまざまなブログの情報をキュレーションしてくれるアプリ

インストールする

ひらがな戦記

OPENGL ES2 を利用したカルタのソーシャルゲーム

インストールする