Threadの使い方

javaには標準でThreadと言うクラスを使用できるようになっています。

今回は、開発言語のjavaの方に焦点をあててみたいと思います。

 

通常のプログラムは、記述した順番にファンクションが実行されますが、ファンクション同士は明確に順番どおりと言う訳ではなく、ほぼ同時に実行がされています。

Threadクラスを利用すると、明確に記述した順番にファンクションが実行されます。

 

どういった場合に有効かと言うと、

for()分などを利用して、ファンクションを実行した場合には、同時に100回のファンクションを実行しようとするなどで、コンピューターに負荷がかかる事があります。

Thread.sleep(100);

と言うファンクションを実行する事で、そこで処理を100ミリ秒とめる事ができます。こうしたファンクションを用いる事で、時差を生じる事ができ、コンピューターの処理の負荷を減らす事が可能となります。

 

この処理を行う事で、javaの中に時間を用いる事が可能となり、処理に関してタイムラインで管理する事も可能となります。

 

参考:THREAD

 

  • written on 2011.02.22
  • category : java

前後の記事

前の記事:

次の記事:

関連の記事

コメントの投稿

  • サイト内検索

新作アプリの紹介

関連サイトの紹介

アンドロイドアプリ開発TIPS
きぐるみカメラ
ふらいぱん
アンドロイドのデザイン集
Page top↑