Fragmentを勉強する その5

fragmentの中身が存在するときには、戻るボタンでfragmentをけして、存在しない時にアプリを終了させればいいやと思ったので、

Activityクラス内で

@Override
 public boolean dispatchKeyEvent(KeyEvent event) {
 if (event.getAction()==KeyEvent.ACTION_DOWN) {
 if(event.getKeyCode() == KeyEvent.KEYCODE_BACK) {
 FragmentManager fragmentManager = getFragmentManager();
 if(fragmentManager.findFragmentById(R.id.root) != null){
 フラグメント削除の記述
 return false;
 }
 }
 }
 return super.dispatchKeyEvent(event);
 }

をしました。

特にアニメーションとかなく、消えてしまえばいいのであれば、

FragmentTransaction fragmentTransaction = fragmentManager.beginTransaction();
fragmentTransaction.remove(fragmentManager.findFragmentById(R.id.frag));
fragmentTransaction.commit();

でいいです。前ページに戻るとかの設定も似た感じで対応できますね。

  • written on 2015.07.02
  • category : fragment

前後の記事

前の記事:

次の記事:

関連の記事

コメントの投稿

  • サイト内検索

新作アプリの紹介

関連サイトの紹介

アンドロイドアプリ開発TIPS
きぐるみカメラ
ふらいぱん
アンドロイドのデザイン集
Page top↑