eclipseで使用するメモリを増量する。

eclipseは動作の重いエディターとして有名になってしまいましたが、

動作に関してはPCに余裕があれば、メモリの割り当てを多くして、

動作を改善する事ができるようです。

 

winであれば下記にあるファイル

/eclipse/eclipse.ini

 

Macであれば

【アプリケーション】->【Eclipse】->【Eclipse】を右クリックして【パッケージ内容を表示】->【Contents】->【Mac OS】->【eclipse.ini】を編集します。

 

.iniファイルをいじるのですが、iniファイルをメモ帳などで修正をすると、エラーがおきる可能性があるので(文字コードの問題で)utf-8対応のテキストエディターで修正してください。

 

iniファイルのいじり方は僕の方では責任がとれない部分なので、下記を参照してみてください。

livedoor Techブログ : Eclipse初心者がAndroid開発する際に押さえるべきこと

EclipseでのAndroidアプリ開発を快適にする設定 Mac OS X編 – gabuchanの日記

是非、お試しください。

 

※livedoor Techブログ様のiniを反映させたところ

Could not create the Java virtual machine

と表示されてしまいました。

どうやら追加ではなく

-Xms256m
-Xmx1024m

の上書きでよいようです。

 

追記

iniファイルの中xmsと言うのはメモリ確保数で、またxmxと言うのは、最大のメモリ使用数でした。

なので、僕は家のPCのメモリが4GBあったので、両方を1024に変更しました。

-Xms512m
-Xmx1024m

また値を変更する際にはiniファイルのバックアップを忘れずに。

  • written on 2011.02.08
  • category : eclipse

前後の記事

前の記事:

次の記事:

関連の記事

コメントの投稿

  • サイト内検索

新作アプリの紹介

関連サイトの紹介

アンドロイドアプリ開発TIPS
きぐるみカメラ
ふらいぱん
アンドロイドのデザイン集
Page top↑