素人のアンドロイドアプリ開発日記

eclipseのコンテンツ

EclipseにandroidSDKをインストール

2011.02.08

下記の内容に関して、

androidSDKのダウンロード・インストールの方法

で書いたのですが、現状SDK内に含まれるeclipseを利用する方法を最初は推奨しますので、よくわからない方は飛ばしてください。

 

—————————

開発のプラグインをインストールします。

タブの【help】から【install new software】を選択します。

Work withの中に

https://dl-ssl.google.com/android/eclipse/

を加えます。

(上記を記入後nextの表示が出るまで少し時間がかかるかもしれません。)

上記アドレスを加えプラグインをインストール後に再起動をしてください。

 

次にandroidSDKの登録をしましょう。

タブの【Windows】から【Preference】を選んでください。

項目【Android】があるので、【Android】を選択します。

AndroidSDKのLocationにあらかじめインストールをしてあるandroidSDKの場所を指定してください。

 

androidSDKをEclipseにダウンロードします。

ツールバーから、Opens the Android SDK and AVD Managerをクリックします。

(もしくは【help】タグの中から選択が可能です。)

↓このボタンです。

でクリックをすると、ダイアログが開きます。

【Available Package】を選択をします。

そこにあるものを全てインストールしましょう。

 

これで、再起動をすれば、Eclipseの中にandroidSDKをインストールできました。

 

 

カテゴリー:はじめに,eclipse

Eclipseのダウンロード・インストール方法

2011.02.08

下記の内容に関して、

androidSDKのダウンロード・インストールの方法

で書いたのですが、現状SDK内に含まれるeclipseを利用する方法を最初は推奨しますので、よくわからない方は飛ばしてください。

 

—————————

 

JAVA,androidSDKのインストールが完了したら

eclipseをインストールしていきましょう。

 

Eclipseは、JavaやC,C++などの開発環境で簡単に言えばeditorです。

androidの開発環境を構築する為には、

Eclipse IDE for Java DevelopersにandroidSDKを追加します。

 

http://www.eclipse.org/downloads/

 

よりダウンロードをする事ができます。

 

.zip形式で配布されているかと思いますので、ダウンロード後に解凍をしたら、

C:\Program Files\eclipse\

まで、ファイルを移動しましょう。

ここで、eclipse.exeのショートカットをデスクトップなどに作っておくと便利です。

 

eclipseを開いてみましょう。

ダイアログ(Workspace Launcher)が出現するのでワークスペースを指定します。

ワークスペースはアクセスが出来て空き容量があるフォルダを指定しましょう。

カテゴリー:はじめに,eclipse

公開中のアプリ、是非ダウンロードしてみてください

2chまとめのたね

RSSを利用してさまざまなブログの情報をキュレーションしてくれるアプリ

インストールする

ひらがな戦記

OPENGL ES2 を利用したカルタのソーシャルゲーム

インストールする