素人のアンドロイドアプリ開発日記

eclipseのコンテンツ

eclipseに端末を認識させる方法

2012.05.15

eclipseに端末を認識させる為には、

 

Macの場合

1、アンドロイドの端末の「設定」-「アプリケーション」-「開発」-「USBデバッグ」にチェックをいれる。

2、つなぐ。eclipseの右上のDebugとか、Javaとか書いてあるところで、DDMSとか選ぶと端末がつながってるのが分かる。

3、そのままRUN。で、実機にインストール。

 

Winの場合

1、アンドロイドの端末の「設定」-「アプリケーション」-「開発」-「USBデバッグ」にチェックをいれる。

2、ドライバを落とす。

サムスンの場合http://www.samsung.com/hk_en/consumer/mobile/mobile-phones/smartphone/GT-I9000HKATGY-support

のようなページでドライバをダウンロードできます。(Kiesは重いので注意。)

検索のコツとしては、「galaxy s ドライバ」とか「galaxy s ドライバ 開発」とかで、その端末のドライバのインストールしている人を探します。大抵、だれかがブログに書いてます。(いい時代だ。)ここから、先は、その人の導きにあってもいいです!

 

3、ドライバはたいていexeファイルなどなので、そのファイルを開くとドライバをインストール。

 

4、PCのコントロールパネル~デバイスマネージャーを開くと、デバイスが出てくるので、現在つないでいるアンドロイドのところで、左クリックでプロパティで、ドライバの更新

 

5、先ほどドライバをインストールした、フォルダを指定して、更新。

 

6、eclipseに認識されている。RUNすると、実機にインストール!

 

また、稀にドライバ更新で「android-sdk-windows」などをドライバインストールで指定すると対象のドライバがあって、そのまま使えるようになります。

 

 

以上です。sonyのwalkmanとかは、結構自分で記述とかしたりコマンドプロンプトを使ったり、大変でした。。

 

カテゴリー:eclipse

eclipseのバグ?エラーが消えない

2011.04.28

androidのアプリを作成していると

「プロジェクトがエラー表示されている」のだけど、「エラーの原因が見つからない」時があります。

 

problemのタグをクリックするとエラーの原因を確認できます。

Unparsed aapt error(s)

と記載されている場合には、これを右クリックで削除をしてみてください。

そうすると、

Could not find ***.apk

と表示がされます。

 

次にeclipseの[project]のメニューから[Build Autimatically]をはずします。

そして、[Clean]を実行します。

そうすると、

Re-installation failed due to different application signatures.
You must perform a full uninstall of the application. WARNING: This will remove the application data!
Please execute 'adb uninstall ***' in a shell.
Launch canceled!

と表示がされます。

そしたらエミュレーターを立ち上げて、(projectの実行はしない)

settingから、前回まで組み込んでいたアプリをアンインストールをします。

もう一度実行を行うと、通常通りにパブリッシュできるはずです。

 

参照:Yangsumi Tips

 

以上で、と思ったのですが、google mapが表示されなくなるというエラーが発生してしまいました。

追って調べてご報告いたします。

 

※報告

debug,keystoreをアクセクしてる中で消してしまったのが原因のようでした。。再度取得をしました。

カテゴリー:eclipse

eclipseが固まるのを回避する。

2011.04.11

eclipseのコード補完機能がとても便利で、何か値をいれただけで補完候補が出てきてくれるので、あまり使った事のない、ファンクションでも手軽に使えるのですが、

たまに、固まります。30秒くらいですが、長い人だと2分くらい、コード補完の際に止まるそうです。

 

以前、eclipseのスペックをあげる為にiniファイルもいじったのですが、その点にはまるで効果がなく、いらいらしておりました。

eclipseで使用するメモリを増量する。

 

多くのサイトでは、iniファイルをいじるという解決方法が記載されてましたが、効果なく、

そういった仕様なのかとあきらめたのですが、どうやら。eclipse3.6のバグのようです。

 

Eclipse 3.6のコード補完のフリーズを解消する/ごりぽんソフトウェアさんに記載されていたのですが、

 

pluginファイル

上記のpluginファイルをeclipseのものと差し替えるだけ。※ver3.6.1のみに利用

 

3.6.1のバグらしいです。なので、iniファイルをいじったとこでムリでした。

上記の差し替えをしたところ、驚く程滑らかに動くようになりました。(まぁ、これが当たり前なのだけど。。)

 

同じ悩みを持つ方がいましたら、お試しください。

カテゴリー:eclipse

eclipseで使用するメモリを増量する。

2011.02.08

eclipseは動作の重いエディターとして有名になってしまいましたが、

動作に関してはPCに余裕があれば、メモリの割り当てを多くして、

動作を改善する事ができるようです。

 

winであれば下記にあるファイル

/eclipse/eclipse.ini

 

Macであれば

【アプリケーション】->【Eclipse】->【Eclipse】を右クリックして【パッケージ内容を表示】->【Contents】->【Mac OS】->【eclipse.ini】を編集します。

 

.iniファイルをいじるのですが、iniファイルをメモ帳などで修正をすると、エラーがおきる可能性があるので(文字コードの問題で)utf-8対応のテキストエディターで修正してください。

 

iniファイルのいじり方は僕の方では責任がとれない部分なので、下記を参照してみてください。

livedoor Techブログ : Eclipse初心者がAndroid開発する際に押さえるべきこと

EclipseでのAndroidアプリ開発を快適にする設定 Mac OS X編 – gabuchanの日記

是非、お試しください。

 

※livedoor Techブログ様のiniを反映させたところ

Could not create the Java virtual machine

と表示されてしまいました。

どうやら追加ではなく

-Xms256m
-Xmx1024m

の上書きでよいようです。

 

追記

iniファイルの中xmsと言うのはメモリ確保数で、またxmxと言うのは、最大のメモリ使用数でした。

なので、僕は家のPCのメモリが4GBあったので、両方を1024に変更しました。

-Xms512m
-Xmx1024m

また値を変更する際にはiniファイルのバックアップを忘れずに。

カテゴリー:eclipse

アンドロイドのエミュレーターを作成する

2011.02.08

andoroidのパブリッシュを確認する為にあらかじめ、

エミュレータを用意します。

 

ツールバーから、Opens the Android SDK and AVD Managerをクリックします。

↓このボタンです。

btn

ここで、メニューの【Virtual devices】を選びます。

新しいエミュレータを作成する為に、【New】を選びます。

 

最初にnameがあるので、名前を記入してください。

 

2013年現在:ここで、エミュレーターの設定で、nexu系のモデルと同等のスペックのエミュレーターを表示する事が可能にjなっておりますので、ここより下記はeclipseの方に従って、作成をしてみれば問題なく動作するかと思います。

 

—————

 

Targetを選べるので、

Android 2.1-update1 – API Level7

を選びます。

 

次にSDCardとありますが、

この値はメモリとは違うので、ここでは128と設定しておきます。

 

skinはdefault(WVGA800)を選びます。

 

一応、galaxy専用のアプリを作ってもしょうがないので、

ある程度適当な値にしました。

 

Hardwareに関しては、AccelerometerやCamera supportなどがありますが、

作る必要が出た際にも変更は可能なので、ここではデフォルトの状態で、

【Create AVD】をクリックします。

 

【Virtual devices】のトップページに戻ったら、今作成したエミュレーターをクリックしてハイライトの状態で

【Start】をクリックしてください。ダイアログが出現しますが、【Launch】を選択すると、エミュレータが動き出します。

 

エミュレータは立ち上がってから動き出すまで、30秒程度かかるかと思います。

エミュレーター

上記のようになっていればアンドロイドが立ち上がっています。

 

以上で設定関係は全て終わりました。

カテゴリー:はじめに,eclipse

公開中のアプリ、是非ダウンロードしてみてください

2chまとめのたね

RSSを利用してさまざまなブログの情報をキュレーションしてくれるアプリ

インストールする

ひらがな戦記

OPENGL ES2 を利用したカルタのソーシャルゲーム

インストールする