素人のアンドロイドアプリ開発日記

アプリ制作のコンテンツ

アプリ開発でもめない為に

2015.07.06

会社の方も、そうでない方もアプリ開発をしていく中で、自分の常識が相手に通じない事がよくあって、もちろん自分の説明不足ではあるのですが、そうならない為、あらかじめ、先方に伝えておく事がいくつもあったので、いくつか記載をしてみます。

バグ

・バグは出ます。なので、出ない為には、という事も大事ですが、出たらどうするか?という事をあらかじめ決めておきましょう。

※お客さんの中には、バグが出るのは不良品という考え方の方がいます。どんな有名なアプリもバグフィックスの更新をしてるので、そこで納得してもらいましょう。

・新しいOS、新しい端末による新規のバグは、「修正」でなく「更新」という認識で費用をとりきめましょう。修正とすると、永遠にバージョンアップのたびに無料補修が生じます。

・アンドロイドは特に、端末によってバグが出ます。治らないバグもあります。原因不明なのが多々。他に同時に動いてるアプリがメモリを圧迫してたり、お客さんが操作ミスしてたり。あと、よくわからないメーカーの端末を使っていたり。全ての端末の動作は、無理という事を割り切って、90%あまりの端末で使えるくらいで妥協する事を求めましょう。android2系は切る。という事が最たる例だったりします。

※google mapがgoogleアカウントにログインしてないと使えないとか。

・アプリ開発・サーバー開発・デザインで動いていた時、問題発生時に、責任を求められるのはアプリ開発者でも、修正には、サーバー・デザインが必要になる事が多いので、ちゃんと連携をとりましょう。バグが出た場合に、原因を自分の責任と認めない会社にあたってしまう場合には、原因や端末側でのログを取得して指摘をするしかありません。

・twitter・facebookについては、勝手に仕様変更をして、勝手に使えなくなる事があります。あらかじめ認識してもらいつつ、そういう場合の修正は、バグ修正でなく、更新としておきましょう

確認

・確認をしてもらいます。それだけです。怠ったらいけません。問題が発生した場合には「確認してもらっていたと思うのですが。」と言いましょう。担当の方と、共同で作ってるという事で、バグが出たら、全体の責任である。と考えてもらいたいです。

プロモーション

・アプリを公開しても、誰もダウンロードしません。何か広告や、少なくてもプレスリリースは打つ必要があります

※公開したら使うだろうと思う人がいます

登録

アプリで登録作業を行う際に、恐ろしいほど長い項目を必須項目にしようとする人がいます。一旦、htmlでformでも作って、打たせてみましょう。もちろん、こういうところは、項目が5回は変更があります。

※家族構成・家族の名前・ペットの有無まで必須入力のアプリを作った事があります。

環境

・アイフォンアプリはアイフォンでしか動きません。アンドロイドアプリはアンドロイドでしか動きません。ウインドウズフォン用はウインドウズフォンでしか動きません。ガラケーでは、スマホ用のアプリは動きません。

カテゴリー:アプリ制作

115000ダウンロードくらい累計でいったんだけど生活できない件

2013.01.30

今回はある意味目標ではあった、10万ダウンロードを突破した(いろいろなアプリ累計)であるのだけど、

半年で達成したのは自分としては万々歳ではあるのだけど、どうやら生活ができない状況が続いている。

今回は原因を考えたいと思う。

1、カメラアプリに手を出した。

誰も言わないが、カメラアプリはゲームに続く、アプリ乱立カテゴリだと思う。比較的有名なアプリでもそうだと思うけど、起動率が低いと思う。起動率を高くする為には、アプリ起動→撮影までの手順が最小ですむようなアプリ設計が好ましいと思うが、広告をどうするかが問題である。だが、取る牌が少ないのに、割りと魅力的なカテゴリなのか敵が多く、手を出す前に考えるべきであった。

2、iphoneをやってない

基本的には個人の開発者の人は無料のレビューサイトにレビューを依頼するのだけど、iphoneをやってないだけで単純に露出の量が2分の1になる。しかもiphoneのコミュニティの方が盛り上がっている事を考えると、3分の1程度になり、広告の面でかなりのマイナスはやむを得ない。個人でやるにしてもiphoneも考えないといけない。

3、忙しくて開発ができない。

仕事が忙しいと、個人開発は後手後手に回ってしまう。これは割りと致命的だな。と思う。アプリ開発はノウハウを貯めこむ事ができるのである程度時間を割いても、後々役に立つと思うので今後はもう少し時間を割きたいとおもっている。

 

番外編、なりふり構うか構わないか。

漫画アプリがアイフォンで流行った瞬間にアンドロイドで違う会社が似たような機能のカメラを出して、一躍踊り出たけど、賛否両論あるかと思う。他人のふんどしで相撲を取る行為かもしれない。だけど、アイフォンでしか出ないアプリもたくさんあって、アンドロイドの人の需要があるのに、出されていない。需要があるのであれば、出した方がよいと思う。

ただ、似たようなアプリを作る際には自分のアイディアをひとつ入れた状態で出す事がよいと思う。

webの世界はブログだったり、SNSだったり、サービスを真似る事から独自性が広がる事が多く、mixiやamebaとかも結局大きな枠組では海外のサービスを持ってきたのかもしれないけど、独自性を出す事で、各々の会社が切磋琢磨している状態だと思う。

なので、個人の見解は「丸パクリはダメだけど、アイディアを借りて、アプリを作るのは有り」だと思う。

 

今後はある程度、このまれそうなアプリを作ろうかな。。

 

カテゴリー:アプリ制作

アプリ制作でごはんを食べれるようになる為に考えなくてはいけないこと

2012.11.18

アンドロイドアプリでごはんを食べれるようになりたいと思っている人は、結構多いとおもいます。実際にご飯食べれている人も多いと思うのですが、今まで実践をしてきて、良い感じな人と、「おかしいな」と感じる人がいると思います。どうしたら、お金が入りやすいのか?そのポイントを確認したいと思います。

続きを読む…

カテゴリー:アプリ制作

「ヒットアプリ開発者が実践する!『最新』スマホアプリ成功の秘訣」を聞いて

2012.09.21

今日は勉強会に参加をしてきました。

「ヒットアプリ開発者が実践する!最新スマホアプリ成功の秘訣」

という題名で、マネタイズを中心とした講演でしたが、かなり、多くの情報がつまっていて、素晴らしかったです。

 

下記は講演内容ではなく、僕の取ったメモなので、内容的に割愛している部分など多くあるので、ご了承ください。

 

まずは、株式会社オクトバ 代表取締役社長 丸岡 和人氏の講演

アンドロイドアプリの紹介サイトを運営されているオクトバの代表の丸岡氏の講演でした。アプリを紹介するサイトの運営お傍ら、アプリの開発会社と共同して開発したアプリの検証結果を発表していただきました。

・現在はgoogle playストアでは、新着無料のランキングの攻略方法が認知されてきました

・人気の新着は1ヶ月以内のアプリに限定されます

・実験したところ、4位が10万DL、10位が4.3万DLくらいだった。(日本国内でのDL数)

・人気のアプリは、分かりやすいタイトルとアイコンが目をひく、バグもなく、操作しやすいもの。

・研究をしましょう。

・パーミッション怪しいのは見るきもしません。

・デザインがよければ少しの変なところは目をつむる事もある。

・メディアに取り上げられるにはプレゼントキャンペーンでもいい。

・アプリ内広告で、自社のアプリを紹介できる部分も作成しておく。

・世間のはやりに目をひからせましょう。

と大体上記のようにアプリの紹介サイトならではの目線を聞いて身が引き締まる思いでした。

 

次に、株式会社adingo スマートフォンソリューション本部 コンサルタント 土井 健氏の講演

アプリの収益の手伝いやアドバイスを主に行なっている目線から、どんな部分を集中して改善すればよいのか?と言う事を細かく講演していただきました!

・リフレッシュレート(広告の切り替え時間)の設定ってどうしてる?

・ユーザーの滞在時間が短いアプリだと、広告の切り替え時間が長いと2つくらいしか見せられないけど、早くすると多くの紹介ができるから、クリック率は下がるけど、収益があがるかもしれない。

・ユーザーの滞在時間が長いアプリだと、広告時間が短いよりも、長い方が、クリック率があがって、収益があがりました。

(上記共に30secがベストとされていた。)

・滞在が短いなら30秒、滞在が長いなら60~くらいがいいと思います。

 

講演の最後は、株式会社Zucks リワード事業本部 マネージャー 石黒 亮氏の講演

広告の方法を様々な角度から見て一番最適な方法を選ぶ事と、アプリによっては性質があって、そのアプリにあった売り方をしましょうというお話でした。

・アプリを出すと、広告で順位をあげても、自然流入で人が多く利用するアプリとあまり自然では利用しないアプリがある。

・ゲームは割りと、自然流入は多いが、辞書系などは、ランクが上がっても必要に応じて落とす為、自然ではあまりダウンロードされないと思う。

・金曜日にアプリ公開は、以前は効果があったかもしれないが、定説になりある意味激戦区になってしまったので、曜日は特にこだわる事はないはず。

・google playは起動された回数が順位に関係があるようだが、レビューは割りと順位に関係ない可能性がある。

・GMOインターネットは、結構ノウハウを持ってやっているっぽいので分析をしてみるといいかもしれない。

・1週間で4万ダウンロードを目安に広告を出稿する[GMO]

・TapJoy,GMOSMAD,AppDriverを利用してるようだ[GMO]

と、ただ終わり際に2万DLは200万円くらいとの事を言われていたので、ちょっと個人には、敷居が高い作戦なのかもしれないな。と思いました。

 

講演の終了後には、ジグノシステムジャパン株式会社 取締役 執行役員 石切山 英詔様 面白法人カヤック ナカマップ プロデューサー 片岡 巧様 アクセーラ株式会社 コンテンツ事業部 部長  堀内 大様のトークがありました。

割りとこういうトーク系は約にたたない情報が多かったりするのですが、非常に有益な情報が出ていた気がします。

・プレスリリースは、くだけた感じにして、メディアが使いたがるキャッチーなフレーズを多くいれておき、メディアが選ぶだけの状態にしておく。

・twitterでつぶやきたい、facebookでシェアしたいものを心がける。

・匿名性のあるアプリはtwitterで、実名制があるものはfacebookでって感じで利用される。

・失敗をしても、システムを使いまわせるようにしておくことで、失敗してもただじゃ起きない姿勢を持つ。

・appstoreのSEOは無関係なキーワードの詰め込みはリジェクトの原因になる。google playはまだ優しい部分があるが、最近厳しくなってきてるのではないか?

 

早速、家に帰ってリフレッシュレートのチューニングを行いました。

内容的には、素晴らしい情報だったと思います。今後も上記を参考にアプリ開発を続けていきたいとおもいます!

 

 

カテゴリー:アプリ制作

アンドロイダーに掲載をされるまで。

2012.07.19

数週間前に作成した、grボイスチェンジャーアプリがアンドロイダーに掲載がされました。

アンドロイダー|grボイスチェンジャー

特に大きなプロモーションも売ってなかったので、(広告とかは打てない)さらに影響力がある人に太いパイプがあったわけではなかったので、こうして大手のアプリの紹介サイトに紹介されて、嬉しい気持ちと安心をしています。

 

ですが、今回の掲載のお願いは2週間前に出していたので、審査に結構かかったなぁ。と言う印象ではありました。

掲載までは、

1、お問い合わせ

アンドロイダーの下部にお問い合わせがあります。

2、アプリ開発者の方はこちらを選ぶ

お問い合わせのページの一番上を選びます。

3、項目を記入

アンドロイドのバージョンと、頑張ったところ。とかも記載します

4、送信

登録メールに受け付けましたとのメールがきます。

 

こんな感じ。で2週間音沙汰がなかったのですが、今日アップされてました!

一応、現在までは1日に40 downloadくらいだったので、どのくらい変わるかが楽しみです。

 

「小さな音も拾いすぎだ」という欠点も頂いたので、修正をせねば(汗

カテゴリー:アプリ制作

公開中のアプリ、是非ダウンロードしてみてください

2chまとめのたね

RSSを利用してさまざまなブログの情報をキュレーションしてくれるアプリ

インストールする

ひらがな戦記

OPENGL ES2 を利用したカルタのソーシャルゲーム

インストールする