素人のアンドロイドアプリ開発日記

はじめにのコンテンツ

Eclipseのダウンロード・インストール方法

2011.02.08

下記の内容に関して、

androidSDKのダウンロード・インストールの方法

で書いたのですが、現状SDK内に含まれるeclipseを利用する方法を最初は推奨しますので、よくわからない方は飛ばしてください。

 

—————————

 

JAVA,androidSDKのインストールが完了したら

eclipseをインストールしていきましょう。

 

Eclipseは、JavaやC,C++などの開発環境で簡単に言えばeditorです。

androidの開発環境を構築する為には、

Eclipse IDE for Java DevelopersにandroidSDKを追加します。

 

http://www.eclipse.org/downloads/

 

よりダウンロードをする事ができます。

 

.zip形式で配布されているかと思いますので、ダウンロード後に解凍をしたら、

C:\Program Files\eclipse\

まで、ファイルを移動しましょう。

ここで、eclipse.exeのショートカットをデスクトップなどに作っておくと便利です。

 

eclipseを開いてみましょう。

ダイアログ(Workspace Launcher)が出現するのでワークスペースを指定します。

ワークスペースはアクセスが出来て空き容量があるフォルダを指定しましょう。

カテゴリー:はじめに,eclipse

androidSDKのダウンロード・インストールの方法

2011.02.08

JAVAのダウンロードが完了したら、androidの開発環境を整えていきましょう。

http://developer.android.com/sdk/index.html

上記よりダウンロードをする。

 

2013年11月 この辺が少し変更されたので、修正します。

ダウンロードすると中にandroid sdkが既に入っていて、eclipseも一緒に入っているので、そのまま、program fileあたりのディレクトリに移動をしましょう。

そして、eclipseの起動をしてみます。

 

この時に、何かしらエラーが発生する場合には、エラー文言で検索するとわりと簡単に解決できます。

(多くの場合はjavaへのpathの問題かと思いますが。)

 

これで環境構築はおしまいです。

(android sdkのeclipseへのインストールなどは、必要ありません。アップデートなどは逐次行う必要があります。)

カテゴリー:はじめに

JAVAのダウンロード・インストール方法

2011.02.08

最初にJAVAをインストールします。

JAVAとは・・・
今回用いるプログラム言語で、特徴としてはどのパソコンでも動くという特徴があります。

 

まず、JAVAは下記からダウンロードする事ができます。

http://www.java.com/ja/

ですが、一応使っているパソコンが、64bitの場合にeclipseを64bitのものを使う場合には、javaも64bitのものを利用しましょう。場合にもよりますが、ブラウザが32ビットの関係で、32bitのものをインストールしてしまって、動かない場合があるようです。

 

環境変数で、javaをPathに追加する必要があります。その場合には、コントロールパネルのシステムとセキュリティ-システム-システムの詳細-詳細設定-環境変数の中で、システム環境変数の中のPathの項目にC:\Program Files (x86)\Java\jre7\bin;みたいに、javaのパスを通しておきます。

 

カテゴリー:はじめに

はじめに

2011.02.07

こんにちは!

続きを読む…

カテゴリー:はじめに

公開中のアプリ、是非ダウンロードしてみてください

2chまとめのたね

RSSを利用してさまざまなブログの情報をキュレーションしてくれるアプリ

インストールする

ひらがな戦記

OPENGL ES2 を利用したカルタのソーシャルゲーム

インストールする