素人のアンドロイドアプリ開発日記

JsonObjectを扱う時のtry catchが邪魔なのでシンプルにする

2015.06.10

jsonObjectを利用する時にtry catchで囲む必要があって、変に長くなってしまう。

例えば

{"result":{"status":"OK"}}

を見る時に

try {
 JSONObject jo = new JSONObject(str);
 JSONObject result = jo.getJSONObject("result");
 String status = result.getString("status");
 Log.e("STATUS",status);
 } catch (JSONException e) {
 //error handle
 }

と書くとstatusが出るのだけど、

例えばエラーが発生した時に、

resultがない?

statusがない?

とか分からなくて、確認作業に手間取ってしまいます。

なので、JsonObjectをパース用の関数を別途作ってみました。

JsonUtilというクラスを作って

public static JSONObject toJsonObject(String key){
 try {
 return new JSONObject(key);
 } catch (JSONException e) {
 Log.e("JSONUtil Error:JSONObject","KEY:"+key);
 return new JSONObject();
 }
 }
 public static JSONObject getJsonObject(JSONArray ja,int num){
 try {
 return ja.getJSONObject(num);
 } catch (JSONException e) {
 Log.e("JSONUtil Error:getJsonObject","NUM:"+num);
 return new JSONObject();
 }
 }
 
 public static JSONObject getJsonObject(JSONObject jo,String key){
 try {
 return jo.getJSONObject(key);
 } catch (JSONException e) {
 Log.e("JSONUtil Error:getJsonObject","KEY:"+key);
 return new JSONObject();
 }
 }
 public static JSONArray getJsonArray(JSONObject jo,String key){
 
 try {
 return jo.getJSONArray(key);
 } catch (JSONException e) {
 Log.e("JSONUtil Error:getJSONArray","KEY:"+key);
 return new JSONArray();
 }
 }
 
 public static String getString(JSONObject jo,String key){
 try {
 return jo.getString(key);
 } catch (JSONException e) {
 Log.e("JSONUtil Error:getString","KEY:"+key);
 return "";
 }
 }
 public static int getInt(JSONObject jo,String key){
 try {
 return jo.getInt(key);
 } catch (JSONException e) {
 Log.e("JSONUtil Error:getInt","KEY:"+key);
 return 0;
 }
 }
 public static long getLong(JSONObject jo,String key){
 try {
 return jo.getLong(key);
 } catch (JSONException e) {
 Log.e("JSONUtil getLong","KEY:"+key);
 return 0;
 }
 }
 
 public static Boolean getBoolean(JSONObject jo,String key){
 try {
 return jo.getBoolean(key);
 } catch (JSONException e) {
 Log.e("JSONUtil Error:getBoolean","KEY:"+key);
 return false;
 }
 }

とすると、パースの処理が

JSONObject jo = JSONUtil.toJsonObject(str);
JSONObject result = JSONUtil.getJsonObject(jo, "result");
String status = JSONUtil.getString(result, "status");
Log.e("STATUS",status);

として出力されます。

そして各関数のエラー時にLogを仕込む事でどこで

・どこでエラーが発生しているのか?

・途中でパースの処理が止まらない

というようになり、APIがおかしくても、途中で処理が止まらないようにできました

同じカテゴリの記事を紹介します

流れる背景を作るステータスバーの色を好きな色にするカメラの権限の取得をするpush通知の実装を確認をする為に、phpを書くしかないListView GridViewに下部にマージンをあけたい時よくつかうメモListViewの設定split で ドット文字列を、bitmapにするクラスを作ってみた。uriから画像の回転角度を取得するgridviewとlistviewで表示にalphaanimationを使ったら動かないのが存在する問題自分で変数を持つクラスを作ってコピーした時に参照まで渡してしまう問題でかい画像が表示されない。という問題interfaceをandroidで使ってみるフルスクリーンでナビゲーションバーまで消せるパソコンを買ったらする事点滅をさせるスクリプト2chのまとめアプリは気を付けろArrayAdapterの使い方setTimeOutを作るarraylistを並び替えAndroidの勉強で気を付けるべき6つの事staticで変数を持ちまわす時Androidで定規を作る時にサイズを確認してみる。TextureViewがゴミから神になった日ListViewの位置を変更しないで更新する方法animationをxmlで設定するのはアホなようだ。listを作るのがめんどい件について矩形の中の点の存在条件についてScrollViewのScrollToが効かない時Twitterのアプリを暗黙的Intentで狙いうちの巻勉強した内容をクラスにしてみてるText三角形の座標の包括判定をプログラムで実装前回作ったeasingを使って、translateアニメーションにイージングをかける。AndroidのデフォルトのアニメーションがダサいのでEasingをJavascriptから持ってきたmatrixを使って、回転をさせる時に中心点をずらす方法destoryとかで割と実行してるメモリリーク対策AnimationDrawable 動かないTextViewをセンター寄せにする。特定のアプリがインストールされているかを判別する方法surfacevierをaddviewすると、一瞬画面が点滅する件アニメーションで高さを変更listviewで押すとデフォルトで背景に色がつくのを抑止するline-heightをアンドロイドのtextviewで設定をする。listviewの区切り線を消すframelayoutだとmarginが効かない@android2.2アンドロイドのimageviewで背景が透けるという糞仕様を発見ウインドウのサイズを取得する方法decodeResourceは劣化する上に糞遅い。decodeResourceは劣化します。もう一度言います。decodeResourceは劣化します。gridviewでスクロールのたびgetViewでposition 0が呼ばれる。

カテゴリー:androidアプリTips

公開中のアプリ、是非ダウンロードしてみてください

2chまとめのたね

RSSを利用してさまざまなブログの情報をキュレーションしてくれるアプリ

インストールする

ひらがな戦記

OPENGL ES2 を利用したカルタのソーシャルゲーム

インストールする