interfaceをandroidで使ってみる

interfaceっていうのがjavaにあって、いろいろ説明があるのだけど、意味がよくわからない。

って思ってたのだが、実は簡単だったので、簡単にメモ。

 

interfaceっていうのは、implementsというので、クラスなどに付与したりするのだけど、

簡単にいうと、「実装しなくちゃいけない関数」を用意したので、ルールに準拠してますよー。っていう事。

 

例えば、動物って行動で「食べる」「寝る」って、すべての動物でしますよね。

interface 動物{
public void 食べる();
public void 寝る();
}

ってなります。そして、これをimplementsすると、

public class 犬 implements mInterface{
 public void 食べる(){
 Log.e("犬",もぐもぐ);
 };
 public void 寝る(){
 Log.e("犬",ぐーぐー);
 };
}

な感じになります。なりますっていうと変な感じだけど、例えば

public class 犬 implements mInterface{
 public void 食べる(){
 Log.e("犬",もぐもぐ);
 };
}

だと、「寝るがいない!!」ってエラーが出る。

つまり、クラスにルール設定をして、関数を指定してくる、変なヤツが、interface

interface自体も

new 動物(){
 public void 食べる(){
 Log.e("なにか",もぐもぐ);
 };
 public void 寝る(){
 Log.e("なにか",ぐーぐー);
 };
}

みたいな事でクラスっぽく使う事もできたりもするけど、

同じルールで縛る事で、いろいろと使いやすくする事ができるアプリケーション

 

なくても困らない。あると、便利。なものがinterface!

前後の記事

前の記事:

次の記事:

関連の記事

コメントの投稿

  • サイト内検索

新作アプリの紹介

関連サイトの紹介

アンドロイドアプリ開発TIPS
きぐるみカメラ
ふらいぱん
アンドロイドのデザイン集
Page top↑