Calenderクラスを使う。

特に多くのサイトでも、紹介されている、Calenderの使い方を勉強してみたいと思います。

Calenderと言う名前のクラスですが、現在の時間をはじめ、カレンダーを作るのに、必要な情報を提供しているクラスですが、直接はカレンダーのインターフェースを提供する訳ではないようです。

最初にカレンダーのインスタンスを取得します。

Calendar calender = Calendar.getInstance();
年:calender.get(Calendar.YEAR);
月:calender.get(Calendar.MONTH)+1;
日:calender.get(Calendar.DAY_OF_MONTH);
曜日(1:日曜):calender.get(Calendar.DAY_OF_WEEK);
その曜日の出現が何回目:calender.get(Calendar.DAY_OF_WEEK_IN_MONTH);
時:calender.get(Calendar.HOUR_OF_DAY);
分:calender.get(Calendar.MINUTE);
秒:calender.get(Calendar.SECOND);

曜日の値に関しては、Calendar.SUNDAYと比較をする事で、何曜日かも確認できます。一通り時間の情報を取得できます。

http://www.javadrive.jp/start/calendar/index4.html

上記のクラスの利用で、加算と減算などもカンタンに行えます。

加算

calender.add(Calendar.HOUR_OF_DAY,1);

上記で、データ内の時間を1時間プラスができる。また、

減算

calender.add(Calendar.HOUR_OF_DAY,-1);

で、減算に関しても同様の対応が可能である

直近のデータであれば、減算、加算を用いる事で、たとえば、9月4日から、-5をして8月31日になるので、あまり苦労もなく、前後の月などの日にちを取得できると言う利点があるようです。

 

カンタンな使い方を一通り紹介となってしまいましたが、割と、時間を操るアプリなどでは利用価値のあるクラスかと思います。

 

/*—–
追加
——*/

Calendar calendar = Calendar.getInstance(); // Calendar取得
calendar.setTimeInMillis(System.currentTimeMillis()); // 現在時刻を取得

上記で、システムから、今の時間が取得できるようです。

参考:TechBoost

 

前後の記事

前の記事:

次の記事:

関連の記事

コメントの投稿

  • サイト内検索

新作アプリの紹介

関連サイトの紹介

アンドロイドアプリ開発TIPS
きぐるみカメラ
ふらいぱん
アンドロイドのデザイン集
Page top↑