素人のアンドロイドアプリ開発日記

Bitmapの読み込みを最適化する

2012.06.06

前回、Bitmapの読み込みの画像解像度と端末解像度による違いでの軋轢(?)的な部分を紹介しました。

では、今回はその部分を最適化して利用をしてみたいと思います。

 

画像の部分に関しては解像度の低い端末だと画像が大きすぎる可能性があり、また、撮影した写真も解像度が大きすぎてそのまま読み込みをしようとすると、メモリエラーが発生する可能性があります。

その際にbitmapのサイズを変更すればいいので

Bitmap _bm = BitmapFactory.decodeResource(resources, id, options);
Matrix matrix = new Matrix();
matrix.postScale(scale, scale);
Bitmap bmp = Bitmap.createBitmap(_bm, 0, 0, _bm.getWidth(), _bm.getHeight(), matrix, true);
_bm.recycle();
_bm = null;

ように画像のサイズを小さく変更する必要があります。(scale倍のBitmapになって、元のBitmapは消します)

また、Bitmap化の段階で、サイズが分かっていれば

options.inSampleSize = 2;

で2分の1のサイズで小さく読み込む事ができるので負荷は少なくなります。

で下記のような関数を作成してみました。

public Bitmap makeBitmap(int wDpi,Resources resources,int id,int MaxWidth,int MaxHeight){
    BitmapFactory.Options options = new BitmapFactory.Options();
    options.inJustDecodeBounds = true;
    BitmapFactory.decodeResource(resources, id, options);
    int _oDpi = options.inDensity;
    float scale = (float)_oDpi/wDpi;
    options.inJustDecodeBounds = false;
    float max = Math.max((float)options.outWidth*scale/MaxWidth, (float)options.outHeight*scale/MaxHeight);
    max = (float) Math.floor(max);
    if(max > 1){
        options.inSampleSize = (int)max;
        Log.e("size", Float.toString(max));
    }else if(max < 1){
        Log.e("makeBitmap", "low Size");
    }
    options.inPurgeable=true;
    Bitmap _bm = BitmapFactory.decodeResource(resources, id, options);
    Matrix matrix = new Matrix();
    matrix.postScale(scale*scale, scale*scale);
    Bitmap bmp = Bitmap.createBitmap(_bm, 0, 0, _bm.getWidth(), _bm.getHeight(), matrix, true);
    _bm.recycle();
    _bm = null;
    return bmp;
}

でポイントとしては、利用したいサイズ(最大値)を決めておくとそのサイズに応じた読み込みをしてくれます。利用方法は下記のような形です。

DisplayMetrics metrics = new DisplayMetrics();
getWindowManager().getDefaultDisplay().getMetrics(metrics);
int _wDpi = (int)metrics.densityDpi;
Bitmap _bm = makeBitmap(_wDpi,getResources(),R.drawable.tip2,800,800);

上記で引数は

第一:端末のdensityDpi
第二:リソース
第三:画像のID
第四:横幅
第五:縦幅

です、サイズの値に関しては800*800の矩形に収まる時に最適なbitmapが取得できるという意味で、800*800のサイズで画像が取得できるわけではないのでお気をつけください。サイズの変更等はご自身で調整お願いします。

以前

BitmapFactory.Optionsを使ってメモリ節約

で紹介していた方法も使いつつ、サイズの調整も含めたものができたと思います。

画像の容量を落とす

options.inPreferredConfig = Bitmap.Config.ARGB_4444;

もいれてもいいかもしれません。

同じカテゴリの記事を紹介します

流れる背景を作るステータスバーの色を好きな色にするカメラの権限の取得をするpush通知の実装を確認をする為に、phpを書くしかないListView GridViewに下部にマージンをあけたい時よくつかうメモListViewの設定split で ドット文字列を、bitmapにするクラスを作ってみた。uriから画像の回転角度を取得するgridviewとlistviewで表示にalphaanimationを使ったら動かないのが存在する問題自分で変数を持つクラスを作ってコピーした時に参照まで渡してしまう問題でかい画像が表示されない。という問題interfaceをandroidで使ってみるフルスクリーンでナビゲーションバーまで消せるパソコンを買ったらする事点滅をさせるスクリプトJsonObjectを扱う時のtry catchが邪魔なのでシンプルにする2chのまとめアプリは気を付けろArrayAdapterの使い方setTimeOutを作るarraylistを並び替えAndroidの勉強で気を付けるべき6つの事staticで変数を持ちまわす時Androidで定規を作る時にサイズを確認してみる。TextureViewがゴミから神になった日ListViewの位置を変更しないで更新する方法animationをxmlで設定するのはアホなようだ。listを作るのがめんどい件について矩形の中の点の存在条件についてScrollViewのScrollToが効かない時Twitterのアプリを暗黙的Intentで狙いうちの巻勉強した内容をクラスにしてみてるText三角形の座標の包括判定をプログラムで実装前回作ったeasingを使って、translateアニメーションにイージングをかける。AndroidのデフォルトのアニメーションがダサいのでEasingをJavascriptから持ってきたmatrixを使って、回転をさせる時に中心点をずらす方法destoryとかで割と実行してるメモリリーク対策AnimationDrawable 動かないTextViewをセンター寄せにする。特定のアプリがインストールされているかを判別する方法surfacevierをaddviewすると、一瞬画面が点滅する件アニメーションで高さを変更listviewで押すとデフォルトで背景に色がつくのを抑止するline-heightをアンドロイドのtextviewで設定をする。listviewの区切り線を消すframelayoutだとmarginが効かない@android2.2アンドロイドのimageviewで背景が透けるという糞仕様を発見ウインドウのサイズを取得する方法decodeResourceは劣化する上に糞遅い。decodeResourceは劣化します。もう一度言います。decodeResourceは劣化します。

カテゴリー:androidアプリTips

公開中のアプリ、是非ダウンロードしてみてください

2chまとめのたね

RSSを利用してさまざまなブログの情報をキュレーションしてくれるアプリ

インストールする

ひらがな戦記

OPENGL ES2 を利用したカルタのソーシャルゲーム

インストールする