ArrayAdapterの使い方

いろいろあり過ぎで、よくわからないものにadapterの使い方があるのですが、

簡単にまとめると、

・各行ごとにviewがあるが、消えたviewが次表示されるviewで表示される。

・つまり、viewがなかったら生成、viewが存在していたら、上書きで処理をする。

事でシンプルに作れる。

 

で、viewの上書き処理に関して、各要素への参照をする必要があるのだけど、

参照用の関数を用意するHolderというクラスを作ってはいるのですが、

これをviewにtagとして設定する事で、参照を簡単にできるようにします。

 

簡単なサンプルとしては、

public class TESTAdapter extends ArrayAdapter  {

	private class DHolder {
		LinearLayout layout;
		TextView text;
		TextView title;
		ImageView icon;
	}

	private LayoutInflater inflater;
	private int resourceId;

	public TESTAdapter(Context context, int ResourceId, TESTData[] objects) {
		super(context, 0, objects);
		resourceId = ResourceId;
		inflater = (LayoutInflater) context.getSystemService(Context.LAYOUT_INFLATER_SERVICE);
	}

	public View getView(int paramInt, View paramView, ViewGroup paramViewGroup) {
		DHolder dHolder;
		if (paramView == null) {
			dHolder = new DHolder();
			paramView = this.inflater.inflate(this.resourceId, null);
			dHolder.layout = (LinearLayout) paramView.findViewById(R.id.lyout);
			dHolder.title = (TextView) paramView.findViewById(R.id.title);
			dHolder.text = (TextView) paramView.findViewById(R.id.text);
			paramView.setTag(dHolder);
		} else {
			dHolder = (DHolder) paramView.getTag();
		}

		dHolder.title.setText(getItem(paramInt).title);
		dHolder.text.setText(getItem(paramInt).text);
		return paramView;
	}

}

 まぁ、あとは、resourceIDには、text title iconが存在しているxmlを指定する感じなのですが、

案外複雑なような気がしてしまっていた部分なので、シンプルな部分だけ記載してみました

前後の記事

前の記事:

次の記事:

関連の記事

コメントの投稿

  • サイト内検索

新作アプリの紹介

関連サイトの紹介

アンドロイドアプリ開発TIPS
きぐるみカメラ
ふらいぱん
アンドロイドのデザイン集
Page top↑