Androidで定規を作る時にサイズを確認してみる。

端末で定規を作ろう!って時に必要になる事で、Androidでは、mmが単位で存在するのだけど、これを使ってどうのこうのっていうのは割と面倒くさい。

一番しなくては、いけないのは、mmと、dpを互換してくれる値を作る事。

例えば、

100dpが10mmであれば、

20mmを表現するのに200dpでよいのだ。

mmで出せばよくないか?って思う部分もあるのだけど、端末の幅と、対象の幅を比較しないと、肝心のサイズが思ったように表示されないはずなので、

※mmに依存させると、タブレットと、スマホの見え方がまったく違う。

 

ので、で、ざっくり、mmとの関係性を書くと

WindowManager wm = (WindowManager)getSystemService(Context.WINDOW_SERVICE);
DisplayMetrics displaymetrics = new DisplayMetrics();
wm.getDefaultDisplay().getMetrics(displaymetrics);
Log.e("nagasa","横幅:"+displaymetrics.widthPixels/displaymetrics.xdpi*25.4f);
Log.e("nagasa","縦幅:"+displaymetrics.heightPixels/displaymetrics.ydpi*25.4f);

で長さが取得できます。(単位がmmで取得できます。)

ピクセルを取得して、ピクセルを密度で割る。で25.4はインチをmmに変換するのに利用をしています。(1インチ=25.4mm)

ざっくりいうと、dpiは1インチの中にどれだけ、ピクセルがふくまれているか?っていう値なので、

100ピクセルで、100dpiだったら、25.4mmだよ

 って事1000dpiだったら密度が10倍になるので2.54mmだよっていうと想像しやすいかもしれない。

 

でdpとpixelを互換させるのもまためんどくさいのだけど、幸いな事に端末の横幅は簡単に取得できるので、

端末の横幅(mm)/端末の横幅(dp)

ってしてあげれば、互換用の値が取得できるので、(たとえばSCALE_MM_DP)とすると、

100*SCALE__MM_DPってすれば10cmを表示できるって形。めんどいけど、実寸との比較が必要な時に考える事でした

 

 

前後の記事

前の記事:

次の記事:

関連の記事

コメントの投稿

  • サイト内検索

新作アプリの紹介

関連サイトの紹介

アンドロイドアプリ開発TIPS
きぐるみカメラ
ふらいぱん
アンドロイドのデザイン集
Page top↑