AlarmManagerを使う場合の注意点

Alarmmanagerを使うと、数秒とか、数分後に実行されるプログラムが書けます。

で、

Intent _i = new Intent(getApplicationContext(), CalledActivity.class);
PendingIntent _sender = PendingIntent.getBroadcast(Alarm.this, 0, _i, 0);
 
Calendar calendar = Calendar.getInstance();
calendar.setTimeInMillis(System.currentTimeMillis());
calendar.add(Calendar.SECOND, 10);
 
AlarmManager _a = (AlarmManager)getSystemService(ALARM_SERVICE);
_a.set(AlarmManager.RTC_WAKEUP, calendar.getTimeInMillis(), _sender);

とかで10秒後に_senderにReceiverクラスを用意しておくと、

public class CalledActivity extends BroadcastReceiver {
 public void onReceive(Context context, Intent intent)
 {
 
 }
}

うけとってくれて中の関数を実行してくれます。

 

多くのサイトで、説明がここまで。と言う状態ですが

 

「これで目覚ましとかも作れますか?→つくれません。」

 

と言う状況です。

ここで、カンタンに言うと、次のような事が発覚します。

「数時間後に設定をすると、設定した時間より遅れる。」

 

google playのレビューで目覚まし時計のレビューを見てると、「2~3分くらい遅れます。」

 

とか書かれている人がいます。そうなんですよ。alarmManagerが遅れる場合があります。

 

検索をしていたら、rokuta96のAndroidアプリ開発さんのとこに答えがありました。

「システムで時間を自動に設定をしている。」場合に再設定を。

 

と、言われてみれば、時間を「あと、何分」とか設定しているので、ここに注意をしたいとこだったのですが、

時間の再設定が入るたびに、プログラムも更新をしてあげる必要がありました。

 

また、電源オフ、アプリのアップデート時も、更新をしてあげる必要があるので、

<action android:name="android.intent.action.BOOT_COMPLETED"/>
 <action android:name="android.intent.action.DATE_CHANGED"/>
 <action android:name="android.intent.action.TIMEZONE_CHANGED"/>
 <action android:name="android.intent.action.TIME_SET"/>
 <action android:name="android.intent.action.PACKAGE_REPLACED"/>

として、上記のレシーバーで、アラームを再設定してあげればおそらくはアラームが設定時間になるはずです。

 

これで、AlaramManagerを使えます!お気をつけください。

前後の記事

前の記事:

次の記事:

関連の記事

コメントの投稿

  • サイト内検索

新作アプリの紹介

関連サイトの紹介

アンドロイドアプリ開発TIPS
きぐるみカメラ
ふらいぱん
アンドロイドのデザイン集
Page top↑