レイアウト用のxmlの中にもファンクションを書ける。

layout用の、例えばmain.xmlとかの中に

<Button
 android:layout_width="match_parent"
 android:layout_height="wrap_content"
 android:text="push!!"
 android:onClick="onClickButton"
 />

な感じにandroidの属性として、android:onClickと表示を見る事があります。

この時は大抵メインのクラスの方で

public void onClickButton(View v) {
 
 }

な感じにかいてあり、クリックされた時のアクションを記載する事ができます。

個人的には、レイアウトと、プログラムを切り離して考えたいこともあるので、あまり好きではないと思っていたのですが、

よくあるhandler処理のUIの変更をしても落ちない(はず。)ですし、見た目もすっきり。

難を言えば、java内で、命令が書いてないので、バグが出た時とか、あっちこっち探すのが面倒くさくなりそう。

 

と言う、問題児ですが、簡易プログラムには役立ちそうです。

興味があれば、是非、お試しください。

前後の記事

前の記事:

次の記事:

関連の記事

コメントの投稿

  • サイト内検索

新作アプリの紹介

関連サイトの紹介

アンドロイドアプリ開発TIPS
きぐるみカメラ
ふらいぱん
アンドロイドのデザイン集
Page top↑