デバッグとかをはじめる前に

あまりに最初にはバグが出てしまうと手も足も出ない場合が結構あると思います。

エラーログとか見ると、エラーって書いてあるんだけど、原因が分からない。

とか、なんですけど、

 

eclipseのエラーログは開発の時は実は見てません。(僕は)

 

なんでかっていうと、Logcatって機能機能があって、いろいろなログが出力されるのですが、エラーも具体的な感じにログとして出力されてくれます。

eclipseのメニューから
Window - ShowView - LogCat
で表示をさせたままで、実機にアプリいれると、ログが見れます。

で多分ソースの下部のエリアがLogCatに変わると思います!この機能を知っているのと知っていないのでは、雲泥の差だったりするので、初心者の方でデバッグでLogCatを使っていない方はぜひお試しください。

前後の記事

前の記事:

次の記事:

関連の記事

コメントの投稿

  • サイト内検索

新作アプリの紹介

関連サイトの紹介

アンドロイドアプリ開発TIPS
きぐるみカメラ
ふらいぱん
アンドロイドのデザイン集
Page top↑