絵を描画する。円を書いてみる。

今回は絵を描画してみる。

circle

絵を書く為には、canvasと言うクラスの上に書く必要があるが、このCanvasはActivityクラスについているものでないので、

今回はViewクラスを継承して、DrawViewクラスを作成する。

Viewクラスには、コンストラクタとして、onDrawと言う関数が実行される。このonDrawは、canvasを引数として利用できる為onDrawの際に秒描画を行う。

描画に際しては、まず、色を決める

paint.setColor(Color.WHITE);

カーブを使うので、アンチエイリアスをtrueにする。

paint.setAntiAlias(true);

円を描くのにはdrawCircleと言うクラスがある。

canvas.drawCircle(100, 100, 50, paint);

座標(100,100)に半径50の円を書く

package in.andante.drawd;

import android.content.Context;
import android.graphics.Canvas;
import android.graphics.Color;
import android.graphics.Paint;
import android.view.View;

public class DrawView extends View {
 
 public DrawView(Context context){
 super(context);
 }
 
 protected void onDraw(Canvas canvas){
 Paint paint = new Paint();
 //色のセット
 paint.setColor(Color.WHITE);
 //太さのセット
 paint.setStrokeWidth(10);
 //アンチエイリアス
 paint.setAntiAlias(true);
 canvas.drawCircle(100, 100, 50, paint);
 }
}

以上で、Viewクラスができるので、Activityで次のようにして、アプリに反映をさせる。

package in.andante.drawd;

import android.app.Activity;
import android.os.Bundle;

public class Drawd extends Activity {
 /** Called when the activity is first created. */
 @Override
 public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
 super.onCreate(savedInstanceState);
 DrawView view = new DrawView(this);
 setContentView(view);
 }
}

以上で円を描く事ができた。

 

  • written on 2011.04.04
  • category : 描画

前後の記事

前の記事:

次の記事:

関連の記事

コメントの投稿

  • サイト内検索

新作アプリの紹介

関連サイトの紹介

アンドロイドアプリ開発TIPS
きぐるみカメラ
ふらいぱん
アンドロイドのデザイン集
Page top↑