素人のアンドロイドアプリ開発日記

広告の出稿をしてみた(google adwards)

2018.04.07

前回、リニューアルした内容で

2chまとめのタネ

の広告を出稿してみる事にしたのでかかった費用と方法、経過をお伝えします。

コンソールから広告が出せる?

googleのアプリを出すコンソールの中からgoogle adwardsの広告を出せるようになっていました。

ここをクリックするといくつかの項目を決める事になります。

あとは支払い情報なども必要になりますが、これを入力すると、ユニバーサルアプリキャンペーンがはじまります。

ユニバーサルアプリキャンペーンとは

以前までだと広告を出す時に、検索やらなんやら、いろんな環境で表示するように設定をする必要があったり、いろいろ設定が必要だったのですが、それをまとめてやってくれますよ。さらに言うと、出稿先もいろいろためして確立がいいところでやってくれますよー。という広告みたいです。

なので、ユニバーサルアプリキャンペーンにしておけばいいのです

アプリ広告の経過

1日目

広告がまったくされない。なぜか1ダウンロードされただけで、学習中のマークがついてる

2-4日目

広告がまったくされない。学習中のマークがついてる

5日目

広告が出稿されはじめる。だが予算の消化もしきらない程度で学習中のマークがついてる

6日目

googleから広告を出し始めますっていう連絡がきて学習中のマークもはずれていた

6日目が終わった時点で広告費として消化したのが数千円程度なので、たまにgoogleから送られてくる無料券みたいのを使えばある程度はまかなえてしまうかもと思います。

気になる費用は

1ダウンロードあたり、100円しないくらいで広告を打つことができました。アプリケーションの種類などにもよると思うのですが、1ダウンロードあたりに関して払うというよりは、クリックに対して払う必要があるみたいなので、たとえばストアのアイコンがださかったり、キャプチャが興味惹かれなかったら、その分値段がつりあがっていってしまうみたいです。

あとはゲーム系のアプリは1ダウンロードあたりの値段が150円とか200円くらいになる事も覚悟をした方がいいみたいです。

同じカテゴリの記事を紹介します

アイモバイルで、バナーがタブレットとかで見ると小さく表示されてしまうnendの広告をエリアに広げるAdmobは情弱か。admobで垢バンをされたら気をつける事。android,iphoneのアドネットワークをちょっと調べた雑感としてadmobの2012年5月にてAdMobの利用の方法

カテゴリー:広告

公開中のアプリ、是非ダウンロードしてみてください

2chまとめのたね

RSSを利用してさまざまなブログの情報をキュレーションしてくれるアプリ

インストールする

ひらがな戦記

OPENGL ES2 を利用したカルタのソーシャルゲーム

インストールする