素人のアンドロイドアプリ開発日記

画像をスライドショーとして表示する。BaseAdapterでAdapterを作る。

2011.03.29

スライドショーを作成する時に、画像を選ぶ部分を作成します。

その時、画像の配列を用意する事で、画像のサムネイルを用意する事ができます。

main.xmlでGalleryと言う項目があるので、配置をしておいてください。

クラスを作成する際にはBaseAdapterを利用します。

public class galleryAdapter extends BaseAdapter{};

このBaseAdapterを継承する事で次のファンクションを作成する必要があります。

public class galleryAdapter extends BaseAdapter{
 
  @Override
  public int getCount() {
    // TODO Auto-generated method stub
    return ((int)ギャラリーの数);
  }

  @Override
  public Object getItem(int position) {
    // TODO Auto-generated method stub
    return null;
  }

  @Override
  public long getItemId(int position) {
    // TODO Auto-generated method stub
    return 0;
  }

  @Override
  public View getView(int position, View convertView, ViewGroup parent) {
    // TODO Auto-generated method stub
    ImageView view;
    if(convertView == null){
      view = new ImageView((Activityで使用しているクラス).this);
      view.setImageBitmap(画像の配列[position]);
    }else{
      view = (ImageView)convertView;
    }
    return view;
  }
}

上記の式を書く。この値に関してGalleryに付加をsetAdapterを用いて行う。

gallery.setAdapter(new galleryAdapter());

で付加をする。コンストラクタ自体は記入してはいないが、getCountで指定した数の長さだけ、getViewで作成をしたファイルでギャラリーを作成してくれる。

同じカテゴリの記事を紹介します

保存した内容を本体に認識をさせる。画像をスライドショーとして表示する。完成:ファイル一式。画像をスライドショーとして表示する。画像のファイルを読み込む画像をスライドショーとして表示する。画像のファイルにアクセス画像をスライドショーとして表示する。SDカードの認識メモ帳を作成するテキストファイルの操作関数バッファ周りの関数を調べる

カテゴリー:ファイル操作

公開中のアプリ、是非ダウンロードしてみてください

2chまとめのたね

RSSを利用してさまざまなブログの情報をキュレーションしてくれるアプリ

インストールする

ひらがな戦記

OPENGL ES2 を利用したカルタのソーシャルゲーム

インストールする