Toastを表示してみる。

ユーザーが何かを行った時に簡易的なテキストボックスを画面下部に出すToastと言う機能が備えられている。

toast

Toast自体は数秒で消えてしまうので、ユーザーに確実に伝えるものを提示するのには向かないが

ユーザーの動作の補助的な役割を行う事には使用が可能だ。

 

使用方法もそんなに難しくない。該当の箇所に下記を記すだけで簡単に確認が出来る。

Toast.makeText(this, "好きな文言", Toast.LENGTH_SHORT).show();

なので簡易的なデバッグツールとして利用するとよい。

前後の記事

前の記事:

次の記事:

関連の記事

コメントの投稿

  • サイト内検索

新作アプリの紹介

関連サイトの紹介

アンドロイドアプリ開発TIPS
きぐるみカメラ
ふらいぱん
アンドロイドのデザイン集
Page top↑