素人のアンドロイドアプリ開発日記

Toastを表示してみる。

2011.02.22

ユーザーが何かを行った時に簡易的なテキストボックスを画面下部に出すToastと言う機能が備えられている。

toast

Toast自体は数秒で消えてしまうので、ユーザーに確実に伝えるものを提示するのには向かないが

ユーザーの動作の補助的な役割を行う事には使用が可能だ。

使用方法もそんなに難しくない。該当の箇所に下記を記すだけで簡単に確認が出来る。

shortとlongがあるのだけど、あんまり聞いてない雰囲気がしている。

Toast.makeText(this, "好きな文言", Toast.LENGTH_SHORT).show();

なので簡易的なデバッグツールとして利用するとよい。

 

同じカテゴリの記事を紹介します

タブのデザインを変更する。タブを下にコンテンツを上に表示したいtabを利用してのActivityを表示する。tabを利用してのviewを作成する。ProgressDialogを使ってみる。ダイアログで時刻の入力画面ダイアログでカレンダーで日付入力ダイアログでリストを出現させる。ダイアログを出してボタンで選択をする。アプリのメニューを作成する。Spiner(コンポーネント)を使う。EditTextの文字制限/ヒントとかについてオートコンプリート機能をTextに付加する。EditTextクラスを使用する。レイティングバー(コンポーネント)を使うシークバー(コンポーネント)を使うチェックボックス(コンポーネント)を使うラジオボタン(コンポーネント)を使うトグルボタン(コンポーネント)を使うTextViewクラスで文字列を作成する。

カテゴリー:コンポーネント

公開中のアプリ、是非ダウンロードしてみてください

2chまとめのたね

RSSを利用してさまざまなブログの情報をキュレーションしてくれるアプリ

インストールする

ひらがな戦記

OPENGL ES2 を利用したカルタのソーシャルゲーム

インストールする