素人のアンドロイドアプリ開発日記

TextViewクラスで文字列を作成する。

2011.02.09

TextViewクラスで文字列を作成をできるが、

文字を代入するだけでなく、文字のスタイルなども修正する事ができる。

TextView _tv = new TextView(this)

として作成をする。

 

1、文字列をセットする。
_tv.setText("sample");

 

2、文字列を追加する。
_tv.appendText("addText");

 

3、文字列の色を変更する。
_tv.setTextColor(Color.WHITE);

※色の指定方法

■Color.argb(122,122,122,122);

■Color.rgb(122,122,122);

■32ビット整数

■Color.WHITE等の色の名前を指定

 

4、文字列のスケールの設定
_tv.setTextScaleX(1.2);

※あんまりしないかも

5、文字列の幅サイズの設定
_tv.setTextSize(12.5);
6、文字列の書体、スタイルの設定
_tv.setTypeface(書体、スタイル);

※書体

■Typeface.DEFAULT

■Typeface.DEFAULT_BOLD

■Typeface.MONOSPACE

■Typeface.SERIF

■Typeface.SANS_SERIF

 

※スタイル

■Typeface.NORMAL

■Typeface.BOLD

■Typeface.ITALIC

■Typeface.BOLD_ITALIC

スタイルについて少し面倒があって、端末に入っている書体によっては太字に対応していない文字がデフォルトで設定されている端末もあります(海外のタブレットなど結構太くなりません。)

以上でTextView Classの説明を終わります。

 

2018年追記

追加で、textViewを利用する時にフォントを適用させて欲しいという場合があります。

その際には方法はいくつかあるのですが、assetsフォルダの中にフォントファイルを利用して使う事ができます。

フォントを適用する
Typeface typeface = Typeface.createFromAsset(getAssets(), "font.ttf");
textView.setTypeface(typeface);

typefaceを利用するので、太字にする処理などとは、かぶってしまうので、何かしら太字にするとかはフォントで区別する必要があります。

同じカテゴリの記事を紹介します

タブのデザインを変更する。タブを下にコンテンツを上に表示したいtabを利用してのActivityを表示する。tabを利用してのviewを作成する。Toastを表示してみる。ProgressDialogを使ってみる。ダイアログで時刻の入力画面ダイアログでカレンダーで日付入力ダイアログでリストを出現させる。ダイアログを出してボタンで選択をする。アプリのメニューを作成する。Spiner(コンポーネント)を使う。EditTextの文字制限/ヒントとかについてオートコンプリート機能をTextに付加する。EditTextクラスを使用する。レイティングバー(コンポーネント)を使うシークバー(コンポーネント)を使うチェックボックス(コンポーネント)を使うラジオボタン(コンポーネント)を使うトグルボタン(コンポーネント)を使う

カテゴリー:コンポーネント

公開中のアプリ、是非ダウンロードしてみてください

2chまとめのたね

RSSを利用してさまざまなブログの情報をキュレーションしてくれるアプリ

インストールする

ひらがな戦記

OPENGL ES2 を利用したカルタのソーシャルゲーム

インストールする