素人のアンドロイドアプリ開発日記

ダイアログで時刻の入力画面

2011.02.18

カレンダーでをダイアログで作成したのと同様の方法で、時刻入力のエリアをダイアログで作成していきます。

dialog

2018年追記

デフォルトでリストのような形ではなく時計の形をしたインターフェースがデフォルトで採用される形になっているので、

デザインをデザイナーさんに用意いただくよりも、アンドロイドのデフォルトのデザインをそのまま使えるように交渉してしまうのが割と手っ取り早いです。アンドロイドが提供しているUIを変更するのは色などは変えられるけど形を変えるのが難しく、ちょっと変えるのに1から作る必要が出てしまうので注意です。

 

ダイアログに設定方法もカレンダーとほとんど同じだが、午後・午前ボタンをつけるかどうかのBooleanが中に含まれているので、必要に応じてつけたり、消したりする必要がありそうだ。

package in.andante.android.makealert;

import java.nio.charset.Charset;
import java.util.Calendar;
import android.app.Activity;
import android.app.TimePickerDialog;
import android.os.Bundle;
import android.widget.DatePicker;
import android.widget.TimePicker;

public class MakeAlert extends Activity{
 /** Called when the activity is first created. */
 @Override
 public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
 super.onCreate(savedInstanceState);
 }
 
 public void onResume(){
 super.onResume();
 //カレンダを生成
 Calendar _calendar = Calendar.getInstance();
 TimePickerDialog _timePickerDialog = new TimePickerDialog(
 this,
 new TimePickerDialog.OnTimeSetListener() {
 @Override
 public void onTimeSet(TimePicker view, int hourOfDay, int minute) {
 // TODO Auto-generated method stub
 
 }
 },
 _calendar.get(Calendar.HOUR_OF_DAY),
 _calendar.get(Calendar.MINUTE),
 false//ごご・ごぜんボタンあり(なしの場合はtrue)
 );
 _timePickerDialog.show();
 }
}

以上で時間のダイアログが出現する。トリガーのファンクションで必要に応じて時刻を取得する事が可能となる。

同じカテゴリの記事を紹介します

タブのデザインを変更する。タブを下にコンテンツを上に表示したいtabを利用してのActivityを表示する。tabを利用してのviewを作成する。Toastを表示してみる。ProgressDialogを使ってみる。ダイアログでカレンダーで日付入力ダイアログでリストを出現させる。ダイアログを出してボタンで選択をする。アプリのメニューを作成する。Spiner(コンポーネント)を使う。EditTextの文字制限/ヒントとかについてオートコンプリート機能をTextに付加する。EditTextクラスを使用する。レイティングバー(コンポーネント)を使うシークバー(コンポーネント)を使うチェックボックス(コンポーネント)を使うラジオボタン(コンポーネント)を使うトグルボタン(コンポーネント)を使うTextViewクラスで文字列を作成する。

カテゴリー:コンポーネント

公開中のアプリ、是非ダウンロードしてみてください

2chまとめのたね

RSSを利用してさまざまなブログの情報をキュレーションしてくれるアプリ

インストールする

ひらがな戦記

OPENGL ES2 を利用したカルタのソーシャルゲーム

インストールする