素人のアンドロイドアプリ開発日記

ダイアログでリストを出現させる。

2011.02.18

ダイアログを表示させる時にリストのスタイルでダイアログを出現させる事ができる。

使い方としては、sppiner(Spiner(コンポーネント)を使う。)のような使い方も可能です。

ボタンの機能を単純にして、スクリプトで選択肢を制御する事ができる為に幅広いデザイン対応ができます。

listdialog

 

こちらはOK,NG,CANCELなど役割に応じたボタンではない為に、全てをスクリプトで制御する事ができます。

スクリプトで制御を行う為にボタンのイベントを追加していきます。。

イベントをActivityで制御する為にimplementsではDialogInterface.OnClickListenerを追加する。イベント実行のファンクションは下記のような形になります。

package in.andante.android.makealert;

import java.nio.charset.Charset;

import android.app.Activity;
import android.app.AlertDialog;
import android.content.DialogInterface;
import android.os.Bundle;
import android.widget.TextView;

public class MakeAlert extends Activity implements DialogInterface.OnClickListener{
 /** Called when the activity is first created. */
 public AlertDialog _alertDialog;
 
 @Override
 public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
 super.onCreate(savedInstanceState);
 }
 
 public void onResume(){
 super.onResume();
 CharSequence[] _char = {"list1","list2","lsit3"};
 _alertDialog = new AlertDialog.Builder(this)
 .setTitle("タイトル")
 .setCancelable(false)
 .setItems(_char, this).show();
 }

 @Override
 public void onClick(DialogInterface dialog, int which) {
 
 if(_alertDialog == dialog){
 TextView _tv = new TextView(this);
 switch(which){
 case 0:
 _tv.setText("0を選んだ");
 break;
 case 1:
 _tv.setText("1を選んだ");
 break;
 case 2:
 _tv.setText("2を選んだ");
 break;
 }
 setContentView(_tv);
 }
 
 }
 
}

上記では、配列の制御をスクリプト内で行っておりますが、xmlでの制御でも簡単に扱えます。

同じカテゴリの記事を紹介します

タブのデザインを変更する。タブを下にコンテンツを上に表示したいtabを利用してのActivityを表示する。tabを利用してのviewを作成する。Toastを表示してみる。ProgressDialogを使ってみる。ダイアログで時刻の入力画面ダイアログでカレンダーで日付入力ダイアログを出してボタンで選択をする。アプリのメニューを作成する。Spiner(コンポーネント)を使う。EditTextの文字制限/ヒントとかについてオートコンプリート機能をTextに付加する。EditTextクラスを使用する。レイティングバー(コンポーネント)を使うシークバー(コンポーネント)を使うチェックボックス(コンポーネント)を使うラジオボタン(コンポーネント)を使うトグルボタン(コンポーネント)を使うTextViewクラスで文字列を作成する。

カテゴリー:コンポーネント

公開中のアプリ、是非ダウンロードしてみてください

2chまとめのたね

RSSを利用してさまざまなブログの情報をキュレーションしてくれるアプリ

インストールする

ひらがな戦記

OPENGL ES2 を利用したカルタのソーシャルゲーム

インストールする