素人のアンドロイドアプリ開発日記

ダイアログでカレンダーで日付入力

2011.02.18

androidアプリでは、ダイアログで日付をいれてもらう為のカレンダーのインターフェースを出す事が可能です。

 

dialog3

 

カレンダー入力後には、表示されているインターフェイスの部分は消える仕組みになっています。

まずは、インターフェイスを表示させるにはDatePickerDialogクラスを用いて、作成します。

package in.andante.android.makealert;

import java.nio.charset.Charset;
import java.util.Calendar;

import android.app.Activity;
import android.app.DatePickerDialog;
import android.os.Bundle;
import android.widget.DatePicker;

public class MakeAlert extends Activity{
 /** Called when the activity is first created. */

 @Override
 public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
 super.onCreate(savedInstanceState);
 }

 public void onResume(){
 super.onResume();
 //カレンダを生成
 Calendar _calendar = Calendar.getInstance();
 DatePickerDialog _datePickerDialog = new DatePickerDialog(
 this,
 new DatePickerDialog.OnDateSetListener() {
 @Override
 public void onDateSet(DatePicker view, int year, int monthOfYear,
 int dayOfMonth) {
 // TODO Auto-generated method stub
 }
 },
 _calendar.get(Calendar.YEAR),
 _calendar.get(Calendar.MONTH),
 _calendar.get(Calendar.DAY_OF_MONTH)
 );
 _datePickerDialog.show();
 }
}

DatePickerDialog(this,イベントで実行のファンクション,_calendar.get( Calendar.YEAR ) , _calendar.get( Calendar.MONTH ) , _calendar.get( Calendar.DAY_OF_MONTH )で、ダイアログを作成します。カレンダーの項目は下記のが利用できます。特に今回は使用をしないが、時間や分なども設定する事ができる。(今回はダイアログの型的にもいれる必要がない)

YEAR
//年
MONTH
//月
DAY_OF_MONTH
//日付
HOUR_OF_DAY
//時間
MINUTE
//分

上記で値を取得した場合のイベントのトリガーに関しては、年、月、日のデータが送られてくるので、その値をそのまま変数にいれて使う事ができます。

同じカテゴリの記事を紹介します

タブのデザインを変更する。タブを下にコンテンツを上に表示したいtabを利用してのActivityを表示する。tabを利用してのviewを作成する。Toastを表示してみる。ProgressDialogを使ってみる。ダイアログで時刻の入力画面ダイアログでリストを出現させる。ダイアログを出してボタンで選択をする。アプリのメニューを作成する。Spiner(コンポーネント)を使う。EditTextの文字制限/ヒントとかについてオートコンプリート機能をTextに付加する。EditTextクラスを使用する。レイティングバー(コンポーネント)を使うシークバー(コンポーネント)を使うチェックボックス(コンポーネント)を使うラジオボタン(コンポーネント)を使うトグルボタン(コンポーネント)を使うTextViewクラスで文字列を作成する。

カテゴリー:コンポーネント

公開中のアプリ、是非ダウンロードしてみてください

2chまとめのたね

RSSを利用してさまざまなブログの情報をキュレーションしてくれるアプリ

インストールする

ひらがな戦記

OPENGL ES2 を利用したカルタのソーシャルゲーム

インストールする