out of memoryが起きる機種、起きない機種

前にout of memoryについて学びましたが結局のところ、検証はどうすればいいの?って話をします。

 

androidの3から、メモリのブースとするみたいな機能があるので、それを使うとして、とりあえず大丈夫です。(使いすぎればもちろん落ちますが。)

android2でアプリを出すときに関係があります。

 

そもそもメモリサイズが512MBとかあるくせにバグで落ちるとかはギャグに近いような気がするのですが、実はアプリはひとつひとつ最大のメモリの使用量みたいのがあります。

Androidメモこのサイトによくまとまっているのですが、「アプリケーションヒープ」ってやつです。

多分galaxy sは32MBくらいある(??)のですが、検証をはじめると、機種によってはバカスカ落ちたのですが、この値がgalaxy sは一定のサイズを確保している為、一般にくらべ落ちにくい端末ではあります。

楓 software:: Androidに記載がある端末を見てみると、やはり落ちたものはヒープサイズが小さいものでした。

一説によると初期の日本で発売されたhtcは16MBとか言います。

 

ですが、時代もandroid4になっていくこともあり、out of memory で落ちない為に自分で買うべき端末を探した結果

nexus one

が一番的確かと思います。

ネックとし日本で出回った端末ではないので、海外で買うか、日本の輸入業者から購入する必要があるのですが、

理由としては、

アプリケーションヒープサイズが小さい→24MBらしい。ので、基本的にこの端末で落ちなければout of memoryで落ちない可能性が高い

また、androidのバージョンの2.3まで対応をしている。

という点で他のアプリケーションヒープサイズが小さいアプリだとアンドロイド2.2までなのが多いので、ここで一歩秀でています。

 

また、海外だとユーザー数が割りといたりするので、落ちない事を前提でつくる必要もあったりします。

 

以上を踏まえてnexus oneがout of memoryの問題を解決したい時に最も適した端末といえるかもしれません。

値段も現状だと1万~2万円程度で購入できるようです。

 

 

上記の内容は個人的な見解なので、購入などは自己責任で行なってください。

 

以上です。

前後の記事

前の記事:

次の記事:

関連の記事

コメントの投稿

  • サイト内検索

新作アプリの紹介

関連サイトの紹介

アンドロイドアプリ開発TIPS
きぐるみカメラ
ふらいぱん
アンドロイドのデザイン集
Page top↑