ここにいるよアプリの失敗に学ぶ

一年程前に制作した「ここにいるよアプリ」ですが、ダウンロード数は1500程度で現在は更新が止まっております。

ここにいるよアプリ

1500程度は無料では失敗だと思います。バナーを貼ったのですが、ほとんど機能もしてない状態です。やはり、10万ダウンロードを目標にしたいです。

 

失敗の原因の検証してみたいと思います。

1、精度の問題

現在、androidに搭載されているGPSですが、
室内だとNG、GPSをONにしてないとNG、
また、回線から位置を取得だとアバウトすぎて、
渋谷なのに神奈川の川崎と表示された時もありました。
常に取得(10分毎)と言う手もあったのですが、
電池の消費量を考ええると、どうしてもできませんでした。
これがレビューで一番に書かれてしまいました。

 

2、表示速度

マップの表示にかなり時間がかかってしまいました。
google mapだと、1秒程度で表示されるのに、数秒かかってしまいました。
僕の設定が悪いのかと思うのですが、
また、位置情報の名称の取得をgoogleで提供されているAPIで行ったのですが、
レスポンスが悪く取得できない時もありました(昨年5月)
GPSでの取得も加えると、10秒程度かかってしまう時もあり、尚且つ精度が悪かったのです。

 

3、アイコンの魅力

アプリを落とす時に、大きな動機になるのは、
グラフィックのキレイさと、アイコンの魅力だと思います。
その店で、赤白の2色の丸いアイコンにしたのですが、
リッチというよりチープが強くなってしまったかと思います。

 

4、言葉の有効性

待ち合わせをする場合に、はじめての土地に行った場合には地図で表示する事が
多いのですが、渋谷ハチ公前での待ち合わせで地図を添付する人はいないと思います。
手軽に待ち合わせに使えると思ったのですが、手軽な場所は地図なんていらなかったのです。

 

5、ツイッターで使ったサービスの画像の画質

多くのツイッタークライアントはまだ、外部の画像サービス経由で、
画像をアップロードをするのですが、解像度の高い画像をアップすると、
縮小表示されて、画質があれます。クリックをすれば拡大表示するのですが、
拡大表示をするのは割と面倒であり、汚い画質が露呈してしまう事がわかりました。
解像度は小さく、画質は高くを心がけるべきでした。

 

6、告知の量が小さかった。

個人的な激務を理由に告知を怠り、現在もこのブログで、開発した
アプリがどれか分からない状態だったりもします。
少し回りにずうずうしいくらいに告知をして、とりあえずダウンロードだけでも
してもらえたらよかったかと思っています。

 

7、keystoreファイルをなくした。

愚の骨頂です。生まれてきてすいません。
更新ができないです。

 

まとめ

keystoreをgoogle driveにいれて、いつでも使える状態に進化したので、
この反省を後のアプリに生かしたいと思います。

前後の記事

前の記事:

次の記事:

関連の記事

コメントの投稿

  • サイト内検索

新作アプリの紹介

関連サイトの紹介

アンドロイドアプリ開発TIPS
きぐるみカメラ
ふらいぱん
アンドロイドのデザイン集
Page top↑