[完全版]docomoからLINEモバイルへMNPで移行をする方法

ドコモから携帯キャリアをLineモバイルへ移行をしようと思いました。

ここに記載した手順で移行ができますので是非参考にしてみてください

mnpは番号そのままで移行できる方法です。

先に結論として

移行に際して総費用としては、16000円かかりました

ですが

月々の費用は約3000円安くなりました。

申し込みまでの時間は

最短で申し込みまで1時間かからずにできてしまいます

もっと費用がかかる人もっと月々の費用が安くなる人もたくさんで、携帯料金が高くて困ってる人、必見です

移行をする時のポイント:もくじ

1:料金の移行にお金が発生する!?
2:[月額]どのくらい安くなるの?
3:端末を購入する必要あるの?
4:端末を買うといくらくらい?
5:この機にiPhoneにするには
6:リスクはあるの?
7:ステップ1:Amazon
8:ステップ2:Docomo
9:ステップ3:LINE

1:料金の移行にお金が発生する!?

こんな人は移行が高い

機種分割をしている。

◇違約金名目で60000円以上かかったりします

割引をしている

2年縛り等で、違約金で1万円くらい取られたりします(※契約途中の解除の場合)普通にみんな入ってるので、解約を躊躇う原因になります

こんな人は移行安い

・2年縛りなどの切り替えの時期で違約金がかからない

◇それでも6000円くらいは料金がかかってしまいます

・電話番号変わっても構わない

◇今回の記事の趣旨とはずれますが、6000円程度の移行にかかる費用がかかりません

その場合にはDocomoの解約LINEの申し込みを別々に行います

2:[月額]どのくらい安くなるの?

僕の携帯電話の料金は月々5000円程度でした。この金額は機種を一括購入して、通話はほぼしない、通信もwi-fiがメインで3GB程度の通信、docomoでは一番安い運用をしていました。ですが、周りを聞くと月額8000円くらいかかる人が多い印象です。

LINEモバイルへ移行をしたら、音声通話SIM3GB月額1,690円なので、月々3000円の黒字になります。

例えば、通信はいっぱいしたい場合に、10GBにしても、月額3,220円

通話は20円/30秒なのですが、知り合い間でLINEで通話などは無料(LINEの通信料は完全無料)なので、番号を利用した通話で月額かかってる人は月額が上がる可能性もありますので、現在の利用の明細などで移行についてのもう一度考えてみましょう。

3:端末を購入する必要あるの?

基本的にDocomoからLINEモバイルへの変更の場合には必要ない場合が多いようです

Docomo以外の端末の場合は、SIMロック解除を行う必要があります。これは各業者で電波の帯域が異なる事で端末毎、それぞれの帯域に最適化してあるので、他の帯域を利用する為には行う必要があります、ただ古いiPhoneや古い端末ではSIMロックを解除しても使う事が出来ない事も多いようです

気になる人はLINEモバイルのサイト

4:端末を買うといくらくらい?

この機に携帯電話も新しく購入してしまいたい場合には、大体費用は20000-50000円程度を目安に考えるとよいと思います。主な購入方法としてはLINEモバイルで購入する。もしくは、SIMフリーと表記されている端末を購入する形です。基本的には新しい端末を購入すると、バージョンアップも対応できるのでおススメです。逆に発売は1年以上前のとかは有名なメーカーのものでも、やめておいたほうが無難です

5:この機にiPhoneにするには

iPhoneはSIMフリーだと最新で80000円くらい、iPhone SEだと50000円くらいで購入もできます。ここで購入の注意点はSIMフリーのものを購入しましょう。auやsoftbankの中古のものを購入すると買ったのに使えない。なんて事もありえてしまいます。

6:リスクはあるの?

リスクとして、海外からのSMSが届かなかった回線速度が遅い。など聞いた事があります。このあたりは留意して、申し込む必要があります。

7:ステップ1:Amazon

※この作業は必要な作業ではありませんが、行うと3000円かかる初期手数料が990円になります。届くまで待つので待てない人は次のドコモの作業へ

LINEモバイル 音声通話SIMエントリーパック

音声通話付きデータのみが存在しているので、普通の電話としての機能も使うので音声通話付きを選択してください。もう電話番号で電話をする事がない場合はデータのみでも問題ありません

※!注意点
AMZONの荷物をすぐに受け取れるのであれば、ドコモの方のNMP発行手続きをしてもよいですが、ドコモでNMP発行から5日以内に登録をしないと登録が出来なくなってしまいますので、荷物を週末に受け取る場合などはDocomoの方の作業は一旦、エントリーパックが届いてからがよいかと思います。

8:ステップ2:docomo

NMP予約番号を発行するのが目的となります。

ここの部分はドコモショップでもできますPCでも20分程度でできるので、お家でやってしまうのがおすすめです

最初にMyDocomoにログインをします。

ここでIDとPWの入力が求められますが、面倒であれば再発行しましょう。所要時間は3分程度で完了します。

ログインができたら[住所や契約内容の変更手続きがしたい]をクリック[携帯電話番号ポータビリティ予約(MNP)]をクリックして、あとは手順通りにすすめていきましょう。

途中解約金・機種分割お支払い金額の残金が表示されてかなり怯みます。自分で月額の比較などして、頑張って進みましょう。50000円であっても、5000円安くなれば1年経たずに回収できます。僕の場合、途中解約金:10,260円かかりました

追い打ちで事務手数料が5400円がきます。ここをクリアできればこの後にdocomoでかかる費用はないので、払いきる勇気が必要です

MNPの予約番号の発行がされます。LINEモバイルの申し込みに必要なのでメモをしておきましょう

9:ステップ3:LINE

LINEモバイルで新規登録をします

必要な書類はクレジットカード免許証をカメラで撮影したもの

amazonで買ったエントリーコードは最初に入力が必要になります(なくても可能)

あとは、携帯の端末の購入の有無や音声SIMの選択や住所入力など、従って入力をします。

クレジットカードの入力まですると、申し込みの完了をします。申し込みが完了したらsimカードが送信されてくるまで数日待ちます。

申し込みまでは最短で1時間程度で完了ですが、実際に利用開始までは数日かかります

まとめ

新しいサービスな事もあり、今まで10年以上使ってきたdocomoを辞めるのは勇気がいりますが、今後多くの会社が使っていきそうなものなのでいち早く紹介をしてみました。ぜひ参考にしてみてくだし!

前後の記事

前の記事:

関連の記事

コメントの投稿

  • サイト内検索

新作アプリの紹介

関連サイトの紹介

アンドロイドアプリ開発TIPS
きぐるみカメラ
ふらいぱん
アンドロイドのデザイン集
Page top↑