andante

歩くようなスピードで。

diary

第2回コーディングコンテストに参加をしてみました。

コーディングを普段しないので、

勉強の為にも作成をしてみました。

 

コンテストの主催が「ピクセルグリッド

代表の中村さんの訳したjsの本を読んだのが、

今の原点な気がします。

だから、flashのコンテストでなくても是非出したかったのです

 

感想としては、コーダーとしてのそのページへの「考え」が

必要になるイメージでした。sectionをどう使うか。とか。

 

■終わってみて

終わって、自分の作成したものから、ミスを見つけました。

font-weightのつけわすれ、

lightboxの不必要な追従。など。

自分の検証力の低さが分かりました。

検証システムを自分のコミュニティで作る必要があると感じました。

それだけでも大きな収穫でしたー

コメント

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

sidemenu

category

archive

feed

RSS FEED

search